ずんだパパの「育児ブログ始めました」

初めてのパパになるので、感じたこと、やっていることを中心にだらだらと綴っていきます

KATOJIのベビーベッドを安く購入する方法

どーも、ずんだです。

 

妻の妊娠発覚から出産まで、いろいろなモノを準備しなければなりませんが、今回はベビーベッドに関してです。ざっくりなイメージで、赤ちゃんが生まれたらベビーベッドとか揺りかごにに寝かせてあげるイメージがありますよね。僕だけかもしれませんが。

 

 ちなみに、ベビーベッドのほかにも、布団を敷くパターンもあるみたいですね。最近の育児のスタンダードがどうなのか、正直僕は全くわかりませんが、「ベビー用品完全ガイド」をバイブルにしてグッズ購入の参考にしています。ていうか、ほぼこの本の言いなりに成り下がっています笑

 

※2020年1月の記事 

 布団?ベッド?どちらがいいのか

早速ですが、僕がバイブルとしているベビーグッズの本には、ベビーベッドは「季節や赤ちゃんによっては必要のないモノ」という風に紹介されています。理由としては、

  • 全然寝てくれず、結局添い寝になる
  • ベッドでは寝てくれない
  • レンタルで十分

とのことです。一応、ベッドの特徴として一般的には

【メリット】

  • おむつを替えるときなど、作業がしやすい
  • 床のホコリから守ってもらえる
  • 間違って踏む心配等がなく、安全

【デメリット】

  • 高い出費(1~2万円程度)
  • サイズ感が大きい
  • 添い寝ができない
  • 処分に困る

 

といったことが挙げられます。

ちなみに、売り場のお姉さんにアドバイスを受けると、大概は買ったほうが良いと言われます(そりゃそうだよね、それが仕事だし)。だから僕は、第三者的な意見を聞くために書籍やネットの情報を頼っているのですが、僕の家庭にとってはメリットの方が大きいと判断し、布団ではなくベビーベッドにすることを決意しました。

 

ベッドなら、どんなものが良い?

ベビーベッド、実は種類が2種あります。

  • スタンダードサイズ:約120cm×70cm(内寸)

  • ミニサイズ    :約90cm×60cm(内寸)

  • ハーフサイズ  :約60cm~70cm(内寸)

ハーフサイズは生後3~4ヶ月ごろまでの赤ちゃんが対象で、それ以外は両方、使用期限は0歳~2歳までとなっています。

 

しかし、2歳ともなるとかなり大きくなっているので、寝返り等で柵にぶつかってしまうリスクがあります。部屋のサイズ等に制約がなければ、スタンダードが無難だと思います。(我が家は、3LDKのマンションなのですが、1部屋を完全育児部屋にしたため、スタンダードサイズでも十分余裕でした。)

 

その他、折りたたみ式や移動式、高さ調整機能などの種類があるのですが、ベビザラスのページの説明が参考になりました。

 

ちなみに、折り畳み式と移動式を足したものが下記。

キャスターも付いてて、持ち運びにはかなり重宝しそう。僕が思い描いていたのとは少しイメージが違うタイプです。(古い人間だからでしょうか) 

KATOJIのベッド

でも、やはり僕は木製のがっちりしたベッドが良い。さらに、高さ調整ができて年齢に応じて調整出来ればなお良い!

そんな中、ベビーベッドを探していると行き着くのがカトージのベッドです。というか、僕が調べている時は一強みたいな感じがしました。「楽しいベビーグッズを。」という企業コンセプトを掲げており、ベビーグッズを漁っている時はよく見る企業さんだと思います。(お店で下記写真のようなのを探すと、大概KATOJIです)

 

同じような商品をレンタルする場合、例えばあるサイトだと

6か月で9000円程度かかります。

 

 え?高くない?と思いました。(思いますよね??)

 

バイブルには、どうしてもならばレンタルで!と記載がありましたが、2人目、3人目も考えてるし、コスパ的に見ても購入で問題なし!とここで初めてバイブルを裏切るのでした。。。

安く購入する方法

では、いざ購入するとなったらどこで購入するのが良いのでしょうか。ちなみに、候補にしているのは、下記の商品です。

どこが良いかというと、

  • イメージ通りの木製、しっかりしている
  • 赤ちゃんが高い位置で眠れて、ホコリやハウスダストから守れる
  • 柵が下まで下がり、添い寝が可能(写真左)
  • 下の段に、おむつなどの荷物が置ける(写真右)
  • キャスターが付いていて、室内移動可能

の点が気に入りました。

実店舗

赤ちゃん本舗やベビザラスなどの実店舗ですね。ここは、特に割引等がないイメージですね。しかし、例えば赤ちゃん本舗なら、日によってはポイント20倍等やっていたりします。200円につき、1ポイントつきますので、20倍デーですと、200円で20ポイント(10%還元)です。更に、PayPayなどのキャッシュレス購入で5%還元ですので最大で合計15%還元を受けることができます。

 

購入日に余裕がある人は、実店舗での購入もアリですが、安さだけで言えばネットのほうが確実に安いです。家まで無料で運んでくれますし。

ネット購入

ちなみに、僕はネットで購入しました。Amazonや楽天などがありますが、僕が購入したのはYahooショッピングです。

 

Yahooショッピングは、11月11日に「いい買い物の日」ということで、毎年激安セールをすることが知られています。

 

店舗購入では、20,000円前後しますが、上記の11月11日にベビーベッドが「KATOJI onlinshop Yahoo店」で12,800円で販売されていました。

 

f:id:shimanewblog:20200202175540j:plain

し・か・も

PayPayのキャッシュバックが33%発生していますので、結局

購入価格:8,509円

で購入できました。これは、安すぎる!!これには、Yahooプレミアム会員などの一定条件は必要なのですが、それにしてもここまで安くなるのであれば、会員費なんてあってないようなものです。

 

メルカリ等

我が家は新品がよかったので候補には上がりませんでしたが、メルカリなどもいいですね。上の商品なら、1000~5000円程度で購入できますので、メルカリで購入して使用し、必要なくなってからメルカリで売れば、もしかしたら一番安く利用することができるかもしれませんね。(売るときは送料が多くかかるので注意)

購入後 -組み立てが必要- 

さて、購入後ですが店舗で買おうがネットで買おうが、自分で組み立てが必要です。ハンマー、ドライバーなどの簡単な工具が必要ですが30分ちょいで完了です。我が家にはインパクトドライバーがあるので、より簡単に作業できました。

ちなみに、インパクトなんてピンキリではありますが、安いものだと2000円~3000円台でも購入可能ですので、持ってない人はこれを機会に購入を勧めます。DIYする機会増えると思うので。

実際の作業風景を貼っておきます。

f:id:shimanewblog:20200202180424j:plain

サイズ感など

実際に5畳の部屋に置くと、こんな感じです。

 

f:id:shimanewblog:20200202181507j:plain

大きさ比較のために、横に500mlのペットボトル置いてますが、いまいちサイズ感がわかりにくいですね。。。ちなみに、僕は和室に置いていますが、フローリングでも同じで床に跡がつきますので、写真のようなマットを引くのをお勧めします。

 

ちなみに、写真に写っている布団セットも、11月11日のセールで30%還元で購入しました。(11,000円⇒7,700円)

 

まとめ

まとめです。ベビーベッドの購入検討から、購入して組み立てまでを記載しましたが、個人的には安くいいモノが買えたかなと思います。しかも、レンタルするよりおそらくは安い!

店舗価格:20,000円前後

ネット購入結果:8,500円(キャッシュバック込)

 

 

 

早く我が子を寝かせてあげるのが待ち遠しいですね。